エールベベ クルットNT2 ノーブルプレミアム、プレミアムの3つの違い。

エールベベ クルットNT2は、新生児〜4歳ごろが使用年齢目安のシートベルト固定チャイルドシートです。

ノーブルプレミアム、ノーブル、プレミアムと似た商品名で3モデルがあり、何が違うのかわかりにくいですよね。

ここでは、この3種類の違いについて紹介します。

 

3つの違い

クルットNT2 ノーブルプレミアム、ノーブル、プレミアムの違いは、次の3点です。

  • ヘッドサポートの種類
  • よだれパッドの付属の有無
  • 洗濯可能かどうか

表で比較すると次のようになります。

  クルットNT2
ノーブルプレミアム
クルットNT2
ノーブル
クルットNT2
プレミアム
画像     エールベベ 『日本製・安心トリプル保証付』回転型チャイルドシート クルットNT2ノーブルプレミアム 【シートベルト取付】 新生児から4歳用(360度回転/サンシェード付/洗濯機で洗えるカバー) ナチュラルブルー ALB877 エールベベ 『日本製・安心トリプル保証付』回転型チャイルドシート クルットNT2プレミアム 【シートベルト取付】 新生児から4歳用(サンシェード付き/ワンタッチハーネス) カカオブラウン ALB861
ヘッドサポートの種類 ふわふわヘッドサポート ふっくらヘッドサポート ふっくらヘッドサポート
ヘッドサポートの大きさ ★★★ ★★☆ ★★☆
よだれパッドの付属
洗濯機でのお手入れ
参考価格
(税込)
¥ 38,609
¥ 30,000

モデルのランクとしては、

ノーブルプレミアム > ノーブル > プレミアム

の順ですが、よだれパッドはプレミアムのみに付属しており、逆になっていますね。

 

ノーブルプレミアムとノーブルの価格差はほとんどなく、中位モデルのノーブルを取り扱うお店はあまりないようです。

 

違いを詳しく見ていきましょう。

ヘッドサポートの種類

最上位モデルのノーブルプレミアムには、「ふわふわヘッドサポート」(画像左)が付属し、ノーブルとプレミアムには、「ふっくらヘッドサポート」(画像右)が付属します。

ノーブルプレミアムに付属するヘッドサポートの方が、厚みがあり、より頭を包み込むような形状をしています。

 

ふわふわして、頭がちゃんと支えられるほうが、赤ちゃんの寝心地はよいと思います。

主に首が座っていない新生児期に使用し、成長したら取り外すため、使用できる期間はそれほど長いわけではないですが、新生児期にも上の子の送り迎えなどで多く車に乗る場合には良いヘッドサポートのほうが安心ですね

よだれパッドの付属

よだれパッドは、プレミアムのみに付属します。

よだれパッドとは、肩パッドの上にかぶせるカバーのようなものです。

1歳になるくらいまでは口の周りにあるものを噛んで、よだれでビショビショにしますので、よだれパッドがあると、ある程度よだれを吸収してくれます。

 

よだれパッドは何セットかあれば、一つを洗って乾かしている間に、もう一つを使うということができます。

しかし実際は一セットしか付属していないので、乾くまでの間はよだれパッドはつけることができず、肩パッドがよだれでビショビショになることになります。

 

上位モデルのノーブルプレミアムとノーブルで、よだれパッドが付属していないのは一セットだけでは使いづらく、それならはじめからよだれパッドはなしで肩パッドを洗うようにすればよいのではないか、という意見があったからではないかと推測します。

 

実際に、エールベベから「マルチベルトカバー」という肩パッド用のよだれカバーが2019/5に発売されます。

エールベベのロゴもちゃんと入っています。

肩パッドが汚れるのが気になる方は、これを何セットか買って使ってね、ということなのでしょう。

 

なお、このマルチベルトカバーに限らず、抱っこ紐用の各種よだれカバーも使えると思います。

 

よだれパッドはプレミアムにしか付属しませんが、こういうわけで付属するかどうかはあまり重要ではないと思います。

洗濯機でのお手入れ

本体カバーは、ノーブルプレミアムとノーブルのみが洗濯機での丸洗いが可能です。

なお洗濯は、洗濯ネットに入れて弱水流モードで行い、乾燥機の使用はできません。

 

1歳未満の子であれば、とりあえず本体カバーには、漏れたうんちと、吐いたミルクはほぼ確実に付きます。

肩パッドぐらいのサイズであれば洗面台で洗えますが、本体カバーを手洗いしようとするとなかなか大変です。

そのため、カバーが洗濯機で洗えるととても楽です

 

洗濯機不可となっていても洗濯機の手洗いモードで洗うという私のような人もいるかもしれませんが、メーカーが保証してくれているというのは安心です。

まとめ

モデルごとの違いをまとめると、次のようになります。

 

ノーブルプレミアム: 上位のヘッドサポート + 洗濯機使用可能

ノーブル     :  洗濯機使用可能

プレミアム    : よだれパッド付属

 

 

一方で各モデルで共通な点をまとめると、次の通りです。

  • 360°片手ワンステップターン
  • ママの手クッション
  • すやすやサンシェード
  • 3ステップ シートベルト取付
  • ワンタッチハーネス調節
  • ベビーキャッチ
  • 衝撃吸収素材
  • チャイルドシートアセスメントで乳児用「良」、幼児用「優」。
  • 使用性評価で高得点

どちらがおすすめか?

ノーブルは価格がノーブルプレミアムとほぼ同じですし、取り扱うお店があまりありませんので、ここでは、ノーブルプレミアムとプレミアムの二択で考えてみます。

 

ノーブルプレミアムとプレミアムでは、2019/4現在で、価格差が一万円ほどあります。

ノーブルプレミアムの、良いヘッドサポートと洗濯機使用可能という2点は魅力的ですが、1万円も違うとなると迷いますね。

 

私だったら、この価格差であれば下位モデルのプレミアムを選びます。

数千円の違いだったら、上位のノーブルプレミアムを選ぶと思いますが…。

そして、本体カバーについては自己責任ですが、洗濯機の手洗いモードで洗うと思います。

 

でも、ヘッドサポートはふわふわのほうが赤ちゃんは寝やすいでしょうし、本体カバーも洗えるとメーカーが謳っているもののほうが安心ですので、その点をこだわりたいという方は、ノーブルプレミアムが良いと思います。

 

なお、私はチャイルドシートでは安全性を特に重視しますが、安全性という観点ではどちらも同じ基準に適合していますので安心です。

特にクルットNT2は、国交省と自動車事故対策機構によるチャイルドシートアセスメントでの前面衝突試験で高い評価を得ており、安全性を重視する方におすすめのチャイルドシートです

エールベベ  クルットNT2 ノーブル
エールベベ クルットNT2 ノーブル
  • エールベベ

 

チャイルドシートアセスメント結果について詳しく知りたい方は次のページでまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

 

以上、エールベベ クルットNT2 ノーブルプレミアム、プレミアムの3つの違い、でした。

こんな記事も読まれています