PV-BL2HとPV-BL1Hの2つの違い。付属品と本体色。

日立のコードレス式スティッククリーナー、ラクかるスティックPV-BL2HとPV-BL1Hはよく似ていますが、何が異なるのでしょうか。違いは2つあります。わかりやすく紹介します。

 

次の記事では、日立のコードレスクリーナー各機種の性能を比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

[参考] 日立のコードレスクリーナー 各機種の機能を詳細比較。

2つの違い

PV-BL2HとPV-BL1Hはどちらも標準質量が1.1 kgのとても軽いコードレスクリーナーです。PV-BL2Hは、PV-BL1Hよりも上位機種です。

 

違いは、付属品の種類と本体色の2点です。本体の性能は同じです。

PV-BL2Hは、付属ヘッドが高性能であり、スティックスタンドとほうきブラシが多く付属します。スタンドがあると、本体を壁に立て掛けておく必要がなく、サッと取り出して、サッとしまえるので便利です。

 

違いを表で比較すると次のようになります。

型番 PV-BL2H PV-BL1H
外観
     
日立 HITACHI コードレス スティッククリーナー ラクかるスティック シャンパンゴールド PV-BL2H-N 日立 ラクかるスティック PV-BL1H
ヘッド
パワフルスマートヘッドlight
自走コンパクトヘッド
スティックスタンド
ほうきブラシ
ほかの付属品
ハンディブラシ
すき間用吸口
延長パイプ
ACアダプター
お手入れブラシ
型番 PV-BL2H PV-BL1H
参考価格
¥40,100〜(2021/10/21 07:12)
¥32,796〜(2021/10/21 08:37)

違いについて詳しく見ていきましょう。

付属品

付属ヘッド

PV-BL2Hのヘッドは「パワフルスマートヘッドlight」で、PV-BL1Hのヘッドは「自走コンパクトヘッド」です。


(画像は日立公式ページより引用。)

 

どちらのヘッドにも次の機能が付いています。

  • 自走機能
    かるい力でスイスイ前に進みます。
  • からまん機構
    からまんガイドの効果で糸くずや髪の毛、ペットの毛などが回転ブラシにからみ付くのを抑えます。
  • クルッとヘッド
    ヘッドが90度回転して、狭い場所にも入ります。
  • きわぴたブラシ
    ブラシがヘッドの一番前に配置されているので、壁ぎわまで掃除できる。
  • かるふきブラシ
    ふき掃除をするように菌も拭き取ります。
  • ワンタッチ着脱
    ブラシにからんだゴミもラクに取り除けます。
  • 水洗い対応
    ブラシは水洗いできます。
  • ペタリンコ構造

    高さ10 cm以上あれば、本体をペタっと床に倒して低いところも吸引できます。

 

異なるのは、PV-BL2Hのパワフルスマートヘッドlightには次の機能が付いていることです。

  • LEDライト
    床を照らすので、ごみがよく見えます。
  • シンクロフラップ
    ヘッド内の圧力を調整して吸引力を増します。

LEDライト


(画像は日立公式ページより引用。)

PV-BL2HではヘッドにLEDライトが付いているため、床が照らされてゴミが見やすくなります。

シンクロフラップ

シンクロフラップは、ヘッド内の圧力を調整して吸引力を増したり、取り回しを良くしたりするためのものです。PV-BL2Hでは、ヘッド後方にシンクロフラップが付いています。

ヘッドを押すときには、シンクロフラップは閉じていて、吸引力を増します。


(画像は日立公式ページより引用。)

 

引くときには、シンクロフラップは開いて、後方のゴミも吸引します。


(画像は日立公式ページより引用。)

 

フラップがある方が、吸引力が増してよくゴミを吸うことができます。

スティックスタンド

PV-BL2Hには、スティックスタンドが付属します。


(画像は日立公式ページより引用。)

壁に立て掛けておくこともできますが、専用のスタンドがあるほうが、サッと取り出して、サッとしまいやすいため、気軽に掃除しやすくなりますのでおすすめです。壁から滑って倒れる心配もなくなります。

 

汎用のスタンドも販売されているため、こういうものを使用することもできますが、それなりの価格はします。

山崎実業 スティッククリーナースタンド

PV-BL2Hのスタンドと同じものをサービスパーツとして購入すると、3,960円(税込)します。

PV-BL2H スティックスタンド
  • 日立

付属ツール

どちらの機種にも、すき間用吸口とハンディブラシは付属しますが、ほうきブラシはPV-BL2Hにのみ付属します。

付属ブラシ類 画像 PV-BL2H PV-BL1H
すき間用吸口
ハンディブラシ
ほうきブラシ

ほうきブラシ


ほうきブラシ。(別売り部品としての小売希望価格4,180円)

PV-BL2Hに付属するほうきブラシは、ほうきのようなブラシと細いチューブが組み合わせられた、サッシの溝などのお掃除に便利なブラシです。お掃除する場所に合わせ、ブラシの角度を変えられるようになっています。

付属品のまとめ

このようにPV-BL2Hには、LEDライトとシンクロフラップの付いたパワフルスマートヘッドlight、スティックスタンド、ほうきブラシが付属するのが特徴です。

本体色の違い

PV-BL2HとPV-BL1Hは本体色が異なります。PV-BL2Hはシャンパンゴールド色で、PV-BL1Hはホワイト色です。

PV-BL2Hのシャンパンゴールドは次のような色です。

日立 HITACHI コードレス スティッククリーナー ラクかるスティック シャンパンゴールド PV-BL2H-N

高級感があります。

 

PV-BL1Hのホワイト色は次のような色です。

日立 ラクかるスティック PV-BL1H

ホワイトはシンプルですが、飽きのこなさそうな色ですね。

どちらがおすすめか?

このように、PV-BL2HとPV-BL1Hは本体性能は同じですが、PV-BL2Hにはパワフルスマートヘッドlight、スティックスタンド、ほうきブラシが付属するのが特徴です。

 

そのため、PV-BL2Hは次のような方におすすめです。

  • 吸引力が少しでも増すようにフラップ付きのヘッドが良い。
  • サッと取り出して使えるようにスティックスタンドが欲しい。
  • 家具の間や机の下、廊下などの薄暗いところでもLEDライトを使って、ゴミの取り残しなく掃除したい。
  • ほうきブラシを活用して、サッシなどの汚れを掻き出しながら掃除したい。

 

PV-BL1Hは次のような方におすすめです。

  • 少しの吸引力の差は気にならない。
  • 壁に立てかけるのでスタンドはいらない。必要になったら別途購入する。
  • 標準の自走コンパクトヘッドを使って床掃除をするのがメインで、他のブラシや吸口は最低限のものでよい。
  • 軽量なスティッククリーナーを比較的安価に手に入れたい。

 

執筆時点での価格は、1万円ほどPV-BL1Hの方が安いです。スタンド(3,960円)やほうきブラシ(4,180円)は、あとでもサービスパーツとして買うことができますし、汎用のものを使うこともできます。しかし、スマートヘッドlightは、後から買うことができません。

そのため、少しでも吸引力があるほうがよいという方は、PV-BL2Hを選ぶほうが後悔がなくて良いでしょう。一方で、軽量さを重視していていて、少しの吸引力の差は気にならないという方や、スタンドなどが付属するよりは、付属しないで価格が安いほうが良いという方はPV-BL1Hがおすすめです。

価格と性能

価格と性能は次のようになっています。

タイプ ラクかるスティック ラクかるスティック
型番 PV-BL2H PV-BL1H
発売年 2020 2020
外観
     
日立 HITACHI コードレス スティッククリーナー ラクかるスティック シャンパンゴールド PV-BL2H-N 日立 ラクかるスティック PV-BL1H
参考価格
¥40,100〜(2021/10/21 07:12)
¥32,796〜(2021/10/21 08:37)
型番 PV-BL2H PV-BL1H
ファンモーター
ハイパワー3Dファンモーター
ハイパワー3Dファンモーター
ヘッド
パワフルスマートヘッドlight
ヘッド幅 23 cm
自走コンパクトヘッド
ヘッド幅 23 cm
ヘッドの機能
白色LEDライト
シンクロフラップ
自走機能・からまん機構
クルッとヘッド
かるふきブラシ
きわぴたブラシ
ペタリンコ構造
自走機能・からまん機構
クルッとヘッド
かるふきブラシ
きわぴたブラシ
ペタリンコ構造
ゴミ捨て ゴミダッシュ
からまんプレス構造
ゴミダッシュ
からまんプレス構造
集じん容量 0.15 L 0.15 L
型番 PV-BL2H PV-BL1H
連続使用時間
強: 約 8 分
標準: 約 30 分
(ターボモード付き)
強: 約 8 分
標準: 約 30 分
(ターボモード付き)
充電時間
約 3.5 時間
約 3.5 時間
バッテリー
内蔵式
18.0 V リチウムイオン電池
内蔵式
18.0 V リチウムイオン電池
標準質量
1.1 kg (本体 0.80 kg)
1.1 kg (本体 0.80 kg)
付属品
ハンディブラシ
ほうきブラシ
すき間用吸口
延長パイプ
スティックスタンド
ACアダプター
お手入れブラシ
ハンディブラシ
すき間用吸口
延長パイプ
ACアダプター
お手入れブラシ

バッテリー交換

なお、PV-BL2HとPV-BL1Hのバッテリーはどちらも内蔵式で、ユーザーが自分で交換することはできません。バッテリーが消耗して交換したいときには、販売店やメーカーの相談窓口に相談することになります。部品代の他に交換作業費がかかるとのことです。

 

バッテリーの仕様は、DC 18.0 V、2.5 Ah、セル数5本のリチウムイオン電池です。製品を廃棄するときには、電池を使い切ったあと、次のようにバッテリーからリード線を切り離して取り外すということです。

日立PV-BH900H, PV-BH500H, PV-BL30Hの交換用バッテリー型番。

まとめ

日立のコードレス式スティッククリーナーPV-BL2HとPV-BL1Hの違いについて紹介しました。本体性能は同じですが、PV-BL2Hにはパワフルスマートヘッドlight、スティックスタンド、ほうきブラシが付属します。

 

少しでも吸引力があるほうがよいという方は、PV-BL2Hのほうがおすすめです。一方で、付属品に価格差ほどの価値を感じないという方や、価格が安いほうがよいという方には、PV-BL1Hがおすすめです。

 

以上、PV-BL2HとPV-BL1Hの2つの違い!でした。

 

次の記事では、日立のコードレスクリーナー各機種の性能を比較していますので、あわせて参考にしてみてくださいね。

[参考] 日立のコードレスクリーナー 各機種の機能を詳細比較。

 

参考

 

ラクかるスティック PV-BL2H
ラクかるスティック PV-BL1H