有塩バターの塩分はどれくらい?無塩バターにどのくらいの塩を入れれば有塩バターになるの?

有塩バターには塩はどれくらい入っているのでしょうか。

有塩バターを無塩バターで代用する場合や、無塩バターと塩を有塩バターで代用する場合に参考にしてください。

塩分量

有塩バターの塩分量は、バター100 gあたりの食塩相当量は1.5~1.6 g、およそ小さじ1/3です。

スーパーによく並んでいる雪印北海道バター(有塩)は 1.5 gで、北海道よつばバター(加塩)は 1.6 gです。

 

食塩相当量を1.5 gとした場合の、バターの量と食塩相当量との対応は次のようになります。

バターの量 食塩相当量
10 g 0.15 g
20 g 0.3 g
50 g 0.75 g
100 g 1.5 g (小さじ 1/3)
200 g 3 g (小さじ 2/3)

※小さじ表記は一般的な粗塩の場合です。雪塩などの粒子が細かい特殊な塩の場合には、小さじ1/3でも0.7 g程度になります。

有塩バターを使うレシピで、無塩バターを使いたい場合

上の表の食塩相当量の塩を追加してください。

例)

レシピ:

  • 有塩バター 50 g

実際:

  • 無塩バター 50 g
  • 塩 0.75 g

無塩バターと塩を使うレシビで、有塩バターを使いたい場合

この表の食塩相当量の塩を、レシピの食塩量から引いてください。

例)

レシピ:

  • 無塩バター 50 g
  • 塩 2 g

実際:

  • 有塩バター 50 g
  • 塩 2 – 0.75 = 1.25 g

 

レシピの塩の量が、有塩バターに含まれる塩分よりも少ない場合には、残念ですが代用できません。

例えばクッキーは、無塩バター100 gあたり塩0.5 g程度しか使いませんので、有塩バターを代用すると塩分が3倍のしょっぱいクッキーになってしまいますので注意しましょう。

まとめ

有塩バターの塩分は、バター100 gあたり 1.5 gです。

以上、有塩バターの塩分はどれくらい?無塩バターにどのくらいの塩を入れれば有塩バターになるの?でした。

 

 こんな記事も読まれています  

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください