ルンバ870と875, 875A, 875Liteの違いは4つ!わかりやすく紹介します。

ルンバ870, 875, 875A, 875Liteの違いを紹介します。

ルンバ875Aは、Amazonで取扱がされている限定モデルです。

ルンバ875Liteは、通販専用モデルです。

各機種の違い

これらの4機種は、本体の清掃性能に違いはありません

 

付属品・付帯サービスなどに違いがあります。

機種ごとの違いは次の通りです。

 

ルンバ870        : バーチャルウォール 2個、リモナビ

ルンバ875        : バーチャルウォール 2個、リモナビ、10か月後メンテナンスサービス

ルンバ875A     : バーチャルウォール 1個、リモナビ

ルンバ875Lite :バーチャルウォール 1

 

各項目について詳しく見ていきましょう。

オートバーチャルウォールの数

ルンバの侵入禁止線を作ることができる装置です。

設置する場所の例としては、玄関や、入ってほしくない部屋の入り口、ルンバが落ちる可能性のある段差などがあります。

1個で1か所を侵入禁止にできますので、2か所を侵入禁止にしたい場合は2個要ります。

別途購入する場合は、定価7,020円で、実売価格は4,500円程度です。

リモナビの有無

ルンバを操作できるリモコンです。

清掃開始・スポット清掃開始・ドックに戻る、という指示の他、ラジコンのように動く方向を指示して手動で掃除することもできます。

メンテナンスサービスの有無

ユーザー登録を行うと、10ヶ月後以降に分解・清掃・点検・修理パーツ交換を無償で受けられるサービスです。

有料でもメンテナンスを受けられます。フィルター・ブラシ交換がさらについて 22,500 円(税抜)です(800/700シリーズ)。

ルンバオフィシャルメンテナンス

本体色

4つ目の違いとして、本体色が異なります。

本体色は、870がグレー、875系がシルバーです。

 

おすすめの機種

付属品・サービス数の充実した製品が価値が高いですから、製品ランクとしては、

875 > 870 > 875A > 875Lite

ということになります。

 

一方で価格は、2018/3/22現在のAmazon価格は次のようになっています。

870        : 52,800円

875        : 65,800円

875A     : 53,800円

875Lite: 54,150円

 

付属品の多い870が、 875A, 875Liteより安いですから、今 875A, 875Liteを買う利点はないでしょう。

そのため、870か875のどちらかがおすすめになります。

 

870にメンテナンスサービスが付いた875は 13,000円高いですから、メンテナンスに1万3千円の価値があるかどうかが判断ポイントです。

私は一般的な方には、870をおすすめします。

 

ルンバは比較的壊れにくいと言われますし、メンテナンスがどうしても必要になったら有料で申し込むことができるからです。

実際、ルンバにはメンテナンスサービスが付いている機種はほとんどないことから、メンテナンスサービスはそれほど必要とされていないように思います。

 

しかし、875の場合は安くメンテナンスを受けられますから、モノを壊しやすい方には、メンテナンス有りの875が良いでしょう。

最安値は?

Amazon, 楽天市場, Yahooショッピングでのルンバの価格を毎日調べて更新していますので、参考にしてみてください。

まとめ

ルンバ870, 875, 875A, 875Liteの違いは、バーチャルウォールの数、リモコンの有無、メンテナンスサービスの有無、本体色の4つです。

メンテナンスサービスの付帯が必要でない場合は、870がおすすめです。

 

800シリーズの付属品の一覧表は、次の記事に掲載しています。

付属品一覧表!ルンバ870, 871, 875, 876, 880, 885, 890, 891の違いは付属品にあり。

 

以下の関連記事も参考にしてみてください。

以上、ルンバ870と875, 875A, 875Liteの違いは4つ!わかりやすく紹介します。でした。

 こんな記事も読まれています  

コメントを残す