ルンバ876と890、891の4つの違い。最新3機種を図と表でわかりやすく比較します。おすすめはこれ!

ルンバ876と890, 891の違いは、どこにあるのかわかりにくいですよね。

違いは4点あります。わかりやすく説明します。

どれも800シリーズ

ルンバ876, 890, 891はどれもルンバ800シリーズです。

ルンバには、600, 800, 900シリーズがあり、真ん中のシリーズになります。

 

ルンバ800シリーズは、下位シリーズの600シリーズよりもゴミ除去量1.5倍となっており、清掃力を重視する方にお勧めのモデルです。

900シリーズになると、さらに清掃ルートを決めるナビゲーション力が向上します。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

890と891は色違い

890と891はパネル色が違うだけで、他の本体性能や付属品の数は同じです。

891はAmazon限定モデルです。

より詳しく知りたい方は、こちらのページへどうぞ。

876と890の違いは4つ

876と890(または891)は、どれも2017年に発売された新機種です。

違いは、次の4点あります。

  876 890 891
スマホ・スマートスピーカー 非対応 対応
バーチャルウォール付属数 2 1
交換用フィルター数 2 1
パネル色 iROBOT ロボット掃除機 ルンバ876 マットシルバー R876060  iRobot ロボット掃除機 ルンバ890 R890060 R890060 【Amazon.co.jp 限定】アイロボット ロボット掃除機 ルンバ891【国内仕様正規品】 R891060

付属品が多いのが876, スマホ・スマートスピーカーに対応しているのが890, 891という棲み分けになっています。

詳しく見ていきましょう。

スマホ・スマートスピーカー対応

890, 891が対応しています。

スマホ対応機能は、アプリiRobot HOMEを使うことで、清掃のスタート・ストップや、清掃開始時間のタイマー予約、清掃モード設定のカスタマイズを、別の部屋や外出先からでもすることができる機能です。

ルンバを棚の下などに隠して設置しようと思っている方は、本体パネルは操作しづらくなるため、スマホから操作できると楽だと思います。

 

スマートスピーカー対応機能は、Google HomeやAmazon Echoなどのスマートスピーカーから、清掃開始・中断・終了を声で操作することのできる機能です。

スマートスピーカーが家にある方や購入予定の方は、スマートスピーカー対応していると便利に使えます。

公式ページ: iRobot HOMEアプリ

バーチャルウォールの付属数

バーチャルウォールは進入禁止エリアを作る赤外線端末(電池駆動)です。ルンバに入ってほしくない場所の入り口に置いて使います。

 

ルンバ890, 891はデュアルバーチャルウォールは1つしか付属しません。876では2つ付属します。

890, 891で進入禁止エリアを2つ作成したい場合は、追加で購入する必要があります。

交換用フィルターの付属数

 

交換用フィルターは、排気フィルターです。ルンバ890, 891では1つ、876では2つ付属します。

およそ3ヶ月に1回の交換が勧められています。

 

もともと本体に一つ取り付けられていますので、3ヶ月してから交換用フィルターを1つ消費することになります。

足りなくなったら追加で購入します。互換品が多く売られていますが、ダストカット性能の良い純正品をおすすめします。

他の800シリーズと比較

他の800シリーズと比較すると次のようになります。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

おすすめは?

2018年7月現在では、876と890はどちらも6万円台前半で価格差がありません。

バーチャルウォールが多い方が良い方は、876がおすすめで、スマホやスマートスピーカーで操作をしたい方は890がおすすめです。

 

迷う場合には、890をおすすめします。

なぜなら、スマホ・スマートスピーカー対応は後から付けることができないからです。

価格推移

価格推移を知りたい方は、次の表の価格をタップすると価格推移と詳細のページに移ります。

モデル 価格 (円)
876 64,584
890 63,680
891 71,705

まとめ

ルンバ890と891はパネル色が違うだけです。

ルンバ876と890(または891)の違いは、スマホ・スマートスピーカーに対応の有無と、バーチャルウォールや交換用フィルターの付属数です。

 

以上、ルンバ876と890、891の4つの違い。でした。

 こんな記事も読まれています  

コメントを残す