ルンバ 622と654の違いは4つ!わかりやすく紹介します。

ルンバ600シリーズは、基本性能を最低限のものに絞り、価格を抑えたシリーズです。

特にルンバ622は、2018年1月現在手に入るルンバの中で最も安いです。実売価格で3.4万円程度と、ちょっと高価な掃除機という感覚で買えてしまいます。

その上位機種が、ルンバ654です。3.9万円程度で、622よりも5000円高くなります。

この記事では、ルンバ622と654の4つの違いについて紹介します。

ルンバ622と654の違い

ルンバ622と654の違いは、スケジュール機能の有無と、リモナビ交換ブラシの付属の有無、本体色です。

吸引性能には違いがありません。

ルンバ654

iROBOT ロボットクリーナー ルンバ654 チャコール R654060
スケジュール機能        有り
リモナビ(リモコン)      無し
交換用エッジクリーニングブラシ 無し
本体色             チャコール

ルンバ622

【国内正規品】 iRobot ロボット掃除機 ルンバ 622 ホワイト

スケジュール機能        無し
リモナビ(リモコン)      有り
交換用エッジクリーニングブラシ 1個
本体色             ホワイト

 

では、それぞれの機能について詳しく見ていきましょう。

スケジュール機能

掃除をしてほしい時間を指定しておくと、ルンバがその時間に自動的に掃除を開始してくれます。

予約設定は、ルンバの上面にあるボタンを押して行います。

開始時間は、曜日ごとに指定することができます。1つの曜日につき、1つの時間を指定できます。(一日2回の掃除を予約することはできません。)

 

スケジュール機能は、622には付いていませんので掃除を開始したいときには、手動で開始ボタンを押すことになります。手動スタートは、654でも出来ます。

リモナビ(リモコン)

ルンバを操作できるリモコンです。

清掃開始・スポット清掃開始・ドックに戻る、という指示の他、ラジコンのように動く方向を指示して手動で掃除することもできます。

これは、622に付属しており、654には付属していません。

交換用エッジクリーニングブラシ

角の汚れを掻き取るブラシです。ルンバを上から見て右上に飛び出て見えるブラシです。

654と622のどちらにも、エッジクリーニングブラシは始めから本体に1つ取り付けられています。

このブラシが折れて壊れた場合に使うのが、この交換用ブラシです。

 

交換用ブラシは、買い足すことができます。

純正品は、1つ1,590円です。純正品ではないものだと、3つで400円というものもあります。

 

622には、交換用としてブラシが1つ付属しますが、654には付属しません。

エッジクリーニングブラシは、家具にぶつかって折れるなどしなければ、経験上結構長く使えます。折れたときに、購入すればよいでしょう。

622か654のどちらがよいか?

ここまで見てきたように、622と654の大きな違いはスケジュール機能の有無です。

なお、リモナビはなくても困らないと思います。本体上面のボタンで操作すればよいからです。最上位機種の980にはリモナビは付属していません。

 

いつも決まった時間に家を空ける方

仕事などで、いつも決まった時間に家を空ける方には、スケジュール機能がある654がおすすめです。

家にいない間に、部屋が綺麗に掃除されます。外出時に毎回清掃スタートをしてもよいのですが、毎日だと面倒です。

 

家を空ける時間が決まっていないという方

育児などで基本的には家にいて、家を空ける時間が決まっていないという方は、スケジュール機能はあまり使えないですので、622でもよいと思います

出かける前に、リモコンを使って清掃スタートをすれば、出かけている間に掃除をしてくれます。

私は育児をしていますが、スーパーに買い物に出かける前にスタートさせていて、スケジュール機能はあまり使いません。

 

ルンバが掃除をしているのを眺めていたいという方

スケジュール機能は使わないと思いますので、622でよいと思います

 

ただ、価格の差が5000円程度ですので、今後スケジュール機能を使うかもしれない場合には、654を選んでおくとよいと思います。

後からスケジュール機能をつけることはできないからです。

ぜひルンバを導入して、いつも床が綺麗な生活を手に入れてくださいね。

まとめ

622と654の違いは、次の通りです。

  • 654は、スケジュール機能付き。
  • 622は、スケジュール機能無し。ただ、リモコンと交換用ブラシ1つが付きます。

ルンバ17機種を図で比較

次の記事では、ルンバの17機種を図で比較していますので参考にしてみてください。

図解!ひと目で分かるルンバ2018年実売17機種一覧と機能比較とおすすめ機種。

価格と価格推移

次のページでは、各機種の今日の価格と過去の価格推移を掲載しています。

 

以下の関連記事も参考にしてみてください。

以上、ルンバ 622と654の違いは3つ!わかりやすく紹介します。でした!

 

なお、現在Amazonではaudible(オーディブル)の無料体験キャンペーンが行われており、「花火」などの小説や、英語教材などから好きなものを選んで聴くと、プライム会員なら最大3000ポイント、会員でない方でも最大1500ポイントがもらえます。

12/12までですので、Amazonを利用している方は一度確認しておくと良いですよ↓

Amazon Musicの3ヶ月99円 期間限定キャンペーンもはじまっています↓

 

 こんな記事も読まれています

コメントを残す