ルンバ641と622の4つの違い!わかりやすく説明します。

ルンバ622は、2015年に発売されたルンバの最廉価モデルです。

一方のルンバ641は、ルンバ622の実質的な後継機種として2017年11月に発売されました。

ルンバ641は、622と比べてどの部分が新しくなっているのでしょうか。

ルンバ641と622の4つの違い

ルンバ641と622の違いは、バーチャルウォールの種類、バッテリーの種類、付属品、本体色です。

641では、バーチャルウォールとバッテリーが最新型となっています。

吸引性能は同じです。

重量については、641が622より約100 g軽くなっていますが、ほぼ違いはありません。

ルンバ641

iRobot ロボットクリーナー ルンバ641 ブルーシルバー R641060

デュアルバーチャルウォール   1個
バッテリー           リチウムイオン(寿命6年)
リモナビ(リモコン)      なし
交換用エッジクリーニングブラシ なし
本体色             ブルーシルバー
重量              約3.6 kg

ルンバ622

【国内正規品】 iRobot ロボット掃除機 ルンバ 622 ホワイト

オートバーチャルウォール    1個
バッテリー           ニッケル水素電池(寿命3年)
リモナビ(リモコン)      1個
交換用エッジクリーニングブラシ 1個
本体色             ホワイト
重量              約3.7 kg

 

違いを詳しく見ていきましょう。

バーチャルウォールの種類

バーチャルウォールは、ルンバに「ここから先には入らないで」ということを伝える装置です。

1個で1か所を侵入禁止にできますので、2か所を侵入禁止にしたい場合は2個いります。

デュアルバーチャルウォール

641に付属している、デュアルバーチャルウォールは、

  • 直線状の壁を作る「バーチャルウォールモード」と、
  • 直径1.2メートルの進入禁止エリアをつくる「ヘイローモード」とを

切り替えて使うことができます。

 

バーチャルウォールモードは、玄関や、入ってほしくない部屋の入り口、ルンバが落ちる可能性のある段差に設置して使います。

ヘイローモードは、ペットの餌や小物など、床に物が置いてある領域に近寄らないようにすることができます。(なお、ルンバが餌のお皿に衝突すると豪快に餌が散らばります。)

オートバーチャルウォール

ルンバ622に付属するオートバーチャルウォールは、「バーチャルウォールモード」だけを使用できます。

なお、オートバーチャルウォールには、マニュアルモードというものがあり、それに切り替えると手動でバーチャルウォールのON/OFFができ、電池を節約できます。641のデュアルバーチャルウォールは、通常モードが省エネ設計になっていますので、マニュアルモードはありません。

 

つまり、641のデュアルバーチャルウォールは、円状の侵入禁止エリアを作る機能の分だけ高機能です。

また、デュアルバーチャルウォールの方がコンパクトで、目立ちにくいです。

 

なお、デュアルバーチャルウォールを別途購入すれば、ルンバ622でも使用することもできます

定価8,100円(税込)で、実売価格は7,667円(2018/01/30現在)です。

バッテリー

ルンバ641は、リチウムイオンバッテリーを採用しています。寿命は約6年です。

一方のルンバ622は、XLifeというニッケル水素電池バッテリーを採用しており、寿命は半分の約3年です。

バッテリーは1万円程度で買い換える事ができます。

リモナビ(リモコン)

ルンバを操作するのことのできるリモコンです。

清掃開始・スポット清掃開始・ドックに戻る、という指示の他、ラジコンのように動く方向を指示して手動で掃除することもできます。

 

これは、622に付属していますが、641には付属していません。リモナビを別途買って、641で使うことも出来ます。定価は3,780円(税込)です。

でも、リモナビはなくても困らないと思います。本体上面のボタンで操作すればよいからです。ルンバ最上位機種の980でも、リモナビは付属していません。

交換用エッジクリーニングブラシ

部屋の隅の汚れを掻き取るブラシです。ルンバを上から見て右上方向に飛び出て見えるブラシのことです。

641と622のどちらにも、エッジクリーニングブラシは始めから本体に1つ取り付けられていますが、ブラシが折れた場合に使うのが、この交換用ブラシです。

622には、交換用として1つ付属しますが、641には付属しません。

 

交換用ブラシも、買い足すことができます。

エッジクリーニングブラシは、家具にぶつかって折れるなどしなければ、経験上結構長く使えます。折れたときに、購入すればよいでしょう。

 

純正品は、実売価格で1つ1,590円です。純正品ではないものだと、3つで400円というものもあります。

どちらがおすすめか?

2018年1月30日現在のamazon価格は、次のようになっています。

  • 641が、 43,070円(税込)
  • 622が、34,117円(税込)

622の方が、9千円近く安いです。

641は発売されたばかりで、まだ定価(39880円 + 税)で売られています。

 

ここまで見てきたように、641と622の大きな違いは、バーチャルウォールの種類、バッテリーです。

641のバーチャルウォールでは、円状の進入禁止エリアを作ることができますし、バッテリー寿命は6年で2倍長持ちです。

 

 

 

622の方が、641より9千円ほど安いですが、3年後に交換バッテリー代が約1万円かかることになります。

そのため、3年を超えて使う場合は 641がおすすめです。

3年したら、新しい機種が安くなっているだろうから買い換えるという方は622でも良いでしょう。

 

一方、バッテリーはどうでもよく、ヘイローモードを使いたいだけの場合は、622 に追加でデュアルバーチャルウォール(約8千円)を購入したほうが千円安いです。

しかも、バーチャルウォールが2台あれば、二ヶ所で使うことができます。

 

おすすめをまとめると次のようになります。

  • 3年を超えて使う方: ルンバ641
  • バッテリーは気にならないが、円状の進入禁止エリアを作るヘイローモードを使いたい方: ルンバ622 + デュアルバーチャルウォール
  • バッテリーは気にならないし、円状の進入禁止エリアもなくて十分という方: ルンバ622

まとめ

  • ルンバ641は、ヘイローモードを使用可能なデュアルバーチャルウォールが付属し、バッテリー寿命は6年。
  • ルンバ622のオートバーチャルウォールでは、ヘイローモードは使用できない。バッテリー寿命は3年。
  • 3年を超えて使うなら、ルンバ641がおすすめ。
  • ヘイローモードは使いたいが、3年で買い換えるなら、ルンバ622 + デュアルバーチャルウォールの組み合わせがおすすめ。
  • ヘイローモードはなくてよいし、3年で買い換えるという方は、ルンバ622 がおすすめ。

 

以下の関連記事も参考にしてみてください。

以上、ルンバ641と622の違いは4つ!わかりやすく紹介します。でした!

 

     

コメントを残す