ルンバ641, 642, 643の1つの違い。ルンバ最新5機種中での比較と、600シリーズの中での位置づけは?

2018/2/8にAmazonでルンバ642の取扱いが開始され、8/3にはルンバ643が発売されました。

ルンバ600シリーズの最廉価モデルがルンバ641です。642, 643はその次の機種番号ということで、何が違うのか気になりますね。

641と642, 643の違い

実は、違いはパネルの色が違うだけです。

次の画像がルンバ641で、

iRobot ロボットクリーナー ルンバ641 ブルーシルバー R641060 R641060

次の画像がルンバ642、

【Amazon.co.jp 限定】アイロボット ロボット掃除機 ルンバ642 R642060

そして次の画像がルンバ643です。

641が「ブルーシルバー色」で、642は「チャコール色」、643は「ミディアムシルバー色」です。

641はどちらかというと可愛い色で、642、643はシックな色ですね。

 

ルンバ642は、Amazon限定モデルです。

ルンバ643は、641の後継機種です。

公式アイロボットストアでは641は販売しなくなりましたので、今後他の店舗でも終売に向かうと思われます。

 

これらの3機種は、清掃性能や付属品の数は同じです。

そのため、色の好みで選ぶか、色が気にならない方は値段が安い機種を選択すると良いでしょう。

 

2018/11/07現在では、641の在庫がまだ各店舗にあり価格が最も安いですので、641がおすすめです。

過去に終売となったルンバ875シリーズでは、出荷が終わったと想定される頃から1ヶ月くらいしてから価格が高騰しました。

641も今後品薄になると、同様に高騰してくると思われます。

安く手に入れたい方は早めに手に入れておくと良いでしょう。

641, 642, 643の現行他4機種との比較

ルンバ641と642, 643はどのような製品なのでしょうか。

次の図では、他のルンバ現行4機種(980, 960, 890, 690)とルンバ641の性能を比較しています。

色違いの642, 643も、641と同じ位置づけです。

ルンバ641と642, 643はスタンダードモデルで、現行5機種のなかで最もお手頃なモデルとなっています。

ゴミ除去量」は、ルンバが通ったところのゴミがどれだけ取れるかを示しており、吸引力のようなものです。上位モデルでは、ルンバ641, 642, 643の1.5倍や2倍のゴミ除去能力があります。

ナビゲーション」とは、ルンバが部屋のどこを通るかを決める能力で、ロボット掃除機の頭脳の部分です。上位モデルでは、カメラが搭載されており、部屋の隅々まで効率的に清掃してくれます。

上位モデルの方が当然性能はよくなりますが、しかし価格はとても高くなります。

 

今日の価格は、次のようになっています。価格をクリックすると、価格推移のページを表示します。

モデル 価格 (円〜)
980 96,230
960 77,980
890 55,680
690 43,000
643 38,950
642 39,151
641 34,800

他の機種との違いを詳しく見てみましょう。

641, 642, 643と690の違い

ルンバ641, 642, 643の清掃性能は、上位モデルの690と変わりません

690と違うのは、641, 642, 643は、スマホ・スマートスピーカーに非対応であることと、スケジュール予約機能がないことです。

それで、690よりも6千円程度(2018/7/10現在)安いです。

 

スケジュール予約機能は、予め指定した曜日と時間になるとルンバが清掃を開始する機能です。

ルンバは床にある座布団や子供の玩具を巻き込むことがあり、私はいつも床を片付けてからルンバの清掃を開始させていて、スケジュール機能はあまり使いませんでした

一人暮らしで外に仕事に出る場合には、床に物を置かないように管理できますし、不在の時間が決まっているため、スケジュール機能があると便利ですが、そうでない場合にはスケジュール機能はなくても良いと思います。

 

スマホ・スマートスピーカー対応機能は、wifi・インターネット経由で外出先などからルンバの清掃開始・停止を操作したり、スケジュール予約をしたり、音声でルンバを操作できる機能です。

スケジュール機能がいらない場合には、ルンバのON/OFFくらいしか本体パネルで操作しませんので、スマホ・スマートスピーカー対応機能もいらなくなります。

 

「わざわざスマホで操作せずに、本体パネルで操作すればいいや」という方や、「わざわざ予約しなくても、掃除させたい時には床の巻き込みやすいものを片付けてから、起動ボタンを押してほっとけばいいんでしょ」という方には、清掃性能が690と同じですので、お買得なモデルだと思います。

641, 642, 643と890の違い

清掃性能のうち、ルンバが通ったところのゴミがどれだけ取れるかという「ゴミ除去量(吸引力)」は、641を1とすると、890でようやく1.5倍になります

さらに890では、ハウスダストを抑える排気フィルターが採用されます。

しかし、890は641よりも、2.7万円程度高いですから、考えどころです。

ルンバがどのルートを通って清掃するかという「ナビゲーション」の機能(頭脳の部分)は、641と変わりません

641, 642, 643と960の違い

960では、カメラが搭載され「ナビゲーション」の機能(頭脳の部分)が、大幅に良くなります。

予算がある場合は、このモデルがおすすめですが、ただ641, 642, 643が2台買えてしまう価格です。

641, 642, 643と980との違い

980では、強力なモーターが採用されており、カーペット・ラグ上でのゴミ除去量が641, 642, 643と比べて2倍になります。

ただ、641, 642, 643が2.5台買えてしまう価格です。

 

さらに、641, 642, 643の旧機種を含めた600シリーズ中での位置づけを知りたい方は、こちらのページを参考にしてください。

 

以上のように、ルンバ641, 642, 643は安いとはいえ、清掃能力は他の600シリーズのルンバと同じですし、旧機種のルンバ622と比べると、バッテリーが長寿命となり、バーチャルウォールも新型になっています

ロボット掃除機としての基本的な性能はしっかりついていますので、ルンバの上位モデルほどの性能はいらないという方には大変お買い得なモデルです。

まとめ

ルンバ642, 643と641の違いはパネル色だけで、清掃性能や付属品の数は同じです。

そのため、色の好みで選ぶか、色が気にならない方は値段が安い方を選択すると良いでしょう。

 

ルンバ641, 642, 643はスケジュール機能がいらない方には、お買得なモデルです。

安いとはいえ、旧製品よりも改善されていますし、ルンバは他のロボット掃除機よりも吸引力が強くておすすめです。

 

 

ルンバ641, 642, 643と他ルンバ最新4機種との比較こちらの記事で詳しく紹介しています。

旧機種を含めた入手可能なルンバ20機種の特徴や違いを知りたい方は、こちらのページを参考にしてみてください。

旧機種を含めた予算別おすすめ機種こちらのページで紹介しています。

 

また各機種の違いについて詳しく知りたい方は、次の記事もご覧くださいね。

 

以上、ルンバ642, 643, 641の違いは1つ。でした。

 

なお、現在Amazonではaudible(オーディブル)の無料体験キャンペーンが行われており、「花火」などの小説や、英語教材などから好きなものを選んで聴くと、プライム会員なら最大3000ポイント、会員でない方でも最大1500ポイントがもらえます。

12/12までですので、Amazonを利用している方は一度確認しておくと良いですよ↓

Amazon Musicの3ヶ月99円 期間限定キャンペーンもはじまっています↓

 

 こんな記事も読まれています

ルンバ関連記事一覧

機種一覧比較



各機種の違い紹介



価格紹介



付属品紹介



 


コメントを残す