【電子レンジで作る】手づかみ食べできるオートミール離乳食の作り方。簡単で手が汚れない。

オートミールは食物繊維やミネラルが豊富で、お米の代わりに積極的に離乳食に取り入れていきたい穀物です。

電子レンジだけで作れる、手づかみ食べ用オートミールブロックの作り方を紹介します。

 

完成するものはこういうものです。

オートミール自身のグルテンを利用して、ゼリー状・ゲル状に固めたものです。

 

以前、フライパンで焼いて作る手づかみ食べできるオートミールおやきの作り方を紹介しましたが、フライパンを使うのが面倒でした。

今回は、電子レンジだけで作れるので、ボタンを押してほっておけば完成しますので、是非作ってみてくださいね。

作り方

オートミールを加熱する

電子レンジ加熱可能な深めの容器に、オートミール 25 gと、水 90 gを入れます。

水はオートミールに対して3.5倍程度。オートミールがひたひたになるくらいの水の量です。

それを電子レンジに入れて加熱します。

※加熱しはじめた後は、オートミールをかき混ぜたりしないようにしましょう。固まりかけているグルテンが壊れて、出来上がりが汚くなります。

※水が少なすぎるとオートミールが十分に溶け出さず、口当たりが悪くなります。多すぎても、追加で加熱して水を飛ばせばよいので、迷ったら水が多めの方が良いです。

 

オートミールは、粒が小さいオートミールの方がうまくいきます。うちでは、次の日食のオーガニックオートミールを使っています。

おすすめのオートミールは次の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

おすすめのオートミール製品徹底比較!日食、オドラムズ、クエーカーのどれがよい?

 

時間は、水が沸騰してから、1.5分から2分程度です。

900 Wだと、1分程度で沸騰しますから、合計で2.5 ~ 3分程度加熱しましょう。

※水が沸騰すると、オートミールが吹きこぼれそうになるくらい泡立ちます。そのため、深めの容器を使いましょう。

冷えるまで放置する

加熱後は次のようになります。

表面を軽く触ってみて、オートミールが手に付かないようであれば、加熱時間は十分です。

熱いので、冷えるまで放置します。冷やしている間に、裏側もちょうどいい感じに固まっていきます。

 

ここで、まだオートミールが手につくようであれば、もう少し電子レンジで加熱してください。

何回かやって、好みの硬さを探してみてください。

冷めたら切ります

さわれるくらいまで冷めたら、容器とオートミールの間に箸を入れて、容器にくっついているオートミールを浮かします。

そしたら、まな板の上で容器をひっくり返して、オートミールを取り出します。

次のようになります。

オートミールがペロッと綺麗に取れず、容器にべっとり残るようでしたら、水分が残りすぎですので追加で電子レンジで加熱してください。

包丁で、好みの大きさに切りわけます。

完成

これで完成です。

慣れたら、みじん切りにした野菜や調味料を混ぜても良いでしょう。

うちでは、完成したものにめんつゆをかけて食べさせています。

まとめ

電子レンジで作る手づかみ食べ用オートミールの作り方を紹介しました。

水を入れて電子レンジに入れるだけでできますので、是非作ってみてくださいね。

 

オートミールの他の記事も参考にしてみてくださいね。

離乳食のおかゆの代わりにオートミールがおすすめ!赤ちゃんの便秘対策にも!

おすすめのオートミール製品徹底比較!日食、オドラムズ、クエーカーのどれがよい?

 

オートミールと穀類の栄養比較!精白米、玄米、押麦、小麦、あわ、きび、そば、コーンフレークと比較!

オートミールの種類を紹介!カットオーツ、インスタントオーツ、ロールドオーツとは?

 

以上、【電子レンジで作る】手づかみ食べできるオートミール離乳食の作り方。簡単で手が汚れない。でした。

 こんな記事も読まれています

コメントを残す