1万円の格安自転車にキャリアをつけて、子乗せ自転車として使うことはできるか?

子乗せ自転車は安くても5万円ほどします。あさひで購入した1万円台の格安自転車に、別売りの子乗せキャリアを載せられないか調べてみました。

 

子乗せ自転車を調べてみて、価格が高いことに驚きます。

そこで、今うちにある1万円台の格安自転車に、1万円程度の別売りの子乗せキャリアを装着したら、2万円ちょっとで子乗せ自転車にできることになります。

そんなことは可能でしょうか。

後ろキャリアの取り付け条件

まず、OGKのこの人気のリアキャリアで取り付け条件を調べてみました。

OGKというメーカーは聞いたことがない方もいらっしゃるかもしれませんが、実はパナソニック他、多くのメーカーの子乗せ自転車のキャリアを作っている会社です。自転車カゴ・ヘルメットのメーカーとしても有名です。

それによると、

  • 「リヤチャイルドシートは、耐荷重25kg以上の頑丈なキャリアを使用すること。」

とありました。

 

次に、あさひの自転車の後荷台の最大積載重量を調べてみたら、18 kgでした。

さらに、「この自転車は後部幼児用座席の取り付けはできません。」と警告シールが貼ってありました。

つまり、うちの格安自転車だと、耐荷重が25 kgないため、後ろキャリアは取り付けられないことになります。

格安自転車だと子供を乗せるにはフレームの強度が足りない、ということのようです。

前キャリアの取り付け条件

では前キャリアはどうでしょうか。

前キャリアの取り付け条件は次のようになっていました。

  • 両立スタンド・前車輪ガード装着車に限る。
  • ハンドルストッパーを備えた自転車に取付けることが望ましい。

 

最大積載重量については記述がありませんし、うちの自転車でも前かごの最大積載重量の記載はありませんでしたので、あまり問題ではないのでしょう。

しかし、両立スタンドと、前車輪ガードがいるそうです。

たしかに、片足スタンドだとスタンドのない側に倒れますし、車輪ガードがないと子供の足が巻き込まれる恐れがあります。

今の自転車には付いていませんのが、購入して取り付けるなら数千円くらいです。

 

あとは、ハンドルストッパーがあるといいとのこと。これも今の自転車についていませんが、後付するのは難しいです。

でもハンドルストッパーは必須ということにはなっていません。

しかし、子乗せ自転車のレビューを読むと、ハンドルストッパーがないと、子供を乗せたり降ろしたりするときに自転車がふらついて危険だということ。

 

さらに、後付の前キャリアはハンドルの形状によっては取り付けができなかったり、漕いだときに足が当たりやすかったりするので、前に子供を乗せるなら専用の子乗せ自転車が良さそうです

子供乗せに向いている自転車

後ろキャリアは耐荷重がなくて取り付けられませんし、前キャリアはハンドルストッパーがないせいで、もし自転車が倒れて子供が頭でも撃ったら、専用の子乗せ自転車を買っておけばよかったと後悔するでしょうから、うちでは格安自転車を子乗せ自転車にするのは諦めました。

 

子乗せ自転車に向いている自転車の条件をまとめると、次のようになります。

  • 後ろキャリアの場合は耐荷重が25 kg以上ある頑丈な自転車
  • 両立スタンド、前車輪ガードが付いていること
  • ハンドルストッパーが付いていること
  • 20インチくらいの小径タイヤであること
    車輪が大きいと、子供を持ち上げるのが大変なことと、重心も高くなってふらつきやすいことと、ころんだときに子供へのダメージが大きくなるので向いていません。そのため専用の子乗せ自転車は20インチのものが多いです。スピードは出にくくなりますが、スピードもあまり出ないほうが安全で良いでしょう。

 

もしこの条件にあう自転車をすでにお持ちの方でしたら、OGKなど別売りのキャリアを後付して、子乗せ自転車として使用すると良いでしょう。

もちろん使い勝手は専用の子乗せ自転車がよいですが、たまにしか使わないのでしたらそれで十分だと思います。

 

家の自転車が使えないので、格安の自転車を調べてみました。参考にしてみてくださいね。

格安の子乗せ自転車を紹介!最安は2万円から。でも、子乗せに最適なものは4万円から。

まとめ

  • 1万円台の格安自転車では、後荷台の耐荷重が足りなくて、子乗せリアキャリアを取り付けられないことがある。
  • 前キャリアの取り付けは可能だが、両立スタンドと前車輪ガードも付けることが必要。
  • ハンドルストッパーはあったほうが良いが、後付は難しい

以上、1万円の格安自転車にキャリアをつけて、子乗せ自転車として使うことはできるか?でした。

 

 こんな記事も読まれています  

コメントを残す